☆☆ ガジュマルの部屋 ☆☆

NSTF


ムーンライン



煌めきボタン ガジュマルの部屋 煌めきボタン

Tsuki Tsuki        Tsuki Tsuki

ガジュマルTopPhoto


 ガジュマルは熱帯地方に分布するクワ科の常緑高木で、日本では主に南西諸島等に自生して小笠原諸島では植栽されています。海外では台湾や中国南部、インドからオーストラリア等にかけて自生しています。
 一般的には沖縄地方の樹として知られています。

 最近では鉢植えの観葉植物としてポピュラーになってきたこともあってか、小さな樹というイメージが強いのですが、熱帯地方の大きなものでは樹高20m。枝周り25メートルにも及ぶものもあります。
 日本最大のガジュマルは、鹿児島県沖永良部島の和泊町立国頭小学校の校庭に在る百十年ほど前に同校第1期卒業生が卒業記念に植樹したもので、樹高12メートル幹回り8メートル枝回り22メートルという世界的にみても大きなもので、観光ガイドブックにも載ってます。

 ガジュマルの目立つ大きな特徴として何本も絡み合った幹があげられますが、幹も多数分岐して繁茂するものの、幹のように見える多くは幹から地面に伸びた気根で、気根ははじめはごく細いのですが太くなると幹と同じような樹皮が発達するので幹と区別が付かなくなるのです。ですから日本最大のガジュマルの幹回りが8メートルというのも実際には幹と気根が多数絡み合ってる周長ということになります。

 ガジュマルは実生で、実は鳥やコウモリ等に運ばれ、地面の他にも低木や岩の上で発芽する場合もあり、幹は多数分岐して繁茂して囲から褐色の気根を地面に向けて伸ばしていきます。伸びた気根は幹や土台の低木や岩に複雑に絡み付いて独特の姿になっていきます。ガジュマルという名前は幹や気根が複雑に絡まり合った様子から、『絡まる』 が訛ったものだという説もあります。

 他の樹の上で発芽したガジュマルは土台の樹に複雑に絡み付いていってやがては土台の樹が枯れてしまうため、『絞め殺しの木』 と呼ばれることもあります。土台の樹が枯れると幹と気根が絡み合った内部が空洞になり、そこへ更に気根が伸びていって益々複雑な姿になっていきます。
 観賞用として土台の樹や岩を取り除いて空洞状にすることもあります。このように内部を空洞状にしたガジュマルで鉢植えにできる程度の小さなものは非常に珍重されます。

 最近は観葉植物として人気が高まりポピュラーになってきたため観葉植物専門店はもとより、観葉植物を扱う生花店等でもよく見掛けるようになりました。
 熱帯の植物としては耐寒性があるため栽培は比較的簡単で、霜が降りないところであれば路地栽培も可能です。
 鉢植えの場合は室内栽培するケースが多くなりますが、日光を好むので陽当たりの良い場所に置き、春から秋には時々外へ出すのがよいでしょう。
 水やりは比較的タップリと土が乾くことの無いようにします。通常の水やりの他に霧吹きで葉に水分を与える葉水を時々〈出来れば朝晩)施します。葉水は主に葉の裏側へ吹き付けます。
 肥料として油かすを月に一回程度僅かに施す他、時々液肥を与えます。油かすは観葉植物を扱ってる店で臭いの少ないものの小袋を買ってくるのがよいでしょう。園芸店等で大袋のものを買えば安いのですが、量はともかく臭いが強いので室内で栽培する観葉植物には向きません。液肥は最近ではアンプル状の容器に入っていて開封して土にさしておくタイプのものがよく知られていますがテーブルサイズの鉢植えだと量が多過ぎますので、水で薄めて使うタイプのものがよいでしょう。水で薄めるときには必ず指示通りの濃度になるようにしなくてはなりません。薄い場合はまだしも、濃過ぎると枯れる原因になるなど逆効果です。月に一回程度、ごく薄くした液肥(霧吹きいっぱいの水に液肥原液を2~3滴)を葉水として吹き付けると効果的です。


煌めきボタン ガジュマル Exhibition 煌めきボタン

ガジュマル写真

ガジュマル1

家族が駅ビルの生花店で見掛けて樹形の面白さと
ガジュマルという名前で買ってきたもので、これから
私も観葉植物に興味を持ちはじめ、置き場所の点から
テーブルサイズのものを集めはじめました。


ガジュマル写真

タコ足ガジュマル

 幹が4本あるように見えますが、3本は気根です。
このように幹と気根が多数足のように伸びてるものを
タコ足ガジュマルと呼ぶことがあります。
見た目の良い四角いガラス鉢に設えてあるが、底に
水抜き穴が開いてないので、水をやり過ぎると鉢を
傾けて溢さなくてはなりません。

ガジュマル写真

ガジュマル2

近所の食料品スーパーの切り花売り場で廉売パキラの
鉢植えに紛れていたのを見付けて買ってきたもの。


ガジュマル写真

人参ガジュマル

このように気根が太くなったものを人参ガジュマルと
呼ぶことがあります。今は枝が伸びて葉も大きくなり
ましたが、買ってきたときには幹と気根がまとまってる
上部に短い枝と小さい葉がちょこっと付いていて、当に
葉の生えた人参そのものという有様でした。


ガジュマル写真

ガジュマル3

近所の生花店へ肥料を買いに行ったときに見掛て買ってきた
もの。売れ残っていたものみたいで、このような形のガジュ
マルとしては元々格安だったのだが、ガジュマルというのを
知っていたということで2割引にしてくれた。


ガジュマル写真

人参タコ足ガジュマル

気根の太さからは人参ガジュマルということになるのでしょう
が、気根の数からするとタコ足ガジュマルと呼ぶのも相応しい。


ガジュマル写真

ガジュマル4

3番目のガジュマルを買った生花店で見掛けたので買ってきた。
このような形のガジュマルは観葉植物専門店では見た目の良い
植木鉢に設えてけっこうこう高値で販売しているが、私が買った
のはプラスチック製の簡易鉢に植えたものだがいずれも信じられ
ないほど安かった。これなら高級な鉢を買ってきて植え替えても
充分にお釣りが来ます。


ガジュマル写真

捩れ人参タコ足ガジュマル

太い気根が多数ある人参タコ足ガジュマルですが、これは
幹と気根が複雑に捩れ絡まってるけっこう希少なもの。




ムーンライン


           NEXTボタン【邪馬台国研究室】

           NEXTボタン【邪馬台国の部屋】
           NEXTボタン【異説日本史の部屋】

           NEXTボタン【蘇鉄の部屋】

           NEXTボタン【パソコン工作室】

           Diaryボタン【Next Space Time Factory Diary】

           BLOGボタン【Next Space Time Factory Blog】:ココログ
           BLOGボタン【Next Space Time Factory Blog】:Amebaブログ
           BLOGボタン【Next Space Time Factory Blog】:Yahoo!ブログ

           facebook【facebook】
           Twitter【Twitter】

           NEXTボタン【About This Site】

           Linkボタン【link List】

           Topボタン【トップページへ】


HOMEボタン【ホームページへ】


ムーンライン


煌めきボタン お薦めサイトのLink 煌めきボタン


              のんバナー【のんのオルゴール♪】

オルゴールBGMを御提供いただいたのんさんのサイトです♪♪


              篆刻素材バナー【篆刻素材 葵】

素晴らしい素材を御提供いただいた葵さんのサイトです!!


              Lazyバナー【LazyColors】

幻想的な素材を御提供いただいた ぐうたら狼さんのサイトです!!


              さいばーえすバナー【さいばーえすくらふと】

画像回転フリーソフトを御提供いただいた☆ネズミさんのサイトです!!


ムーンライン


         Mailボタン ガジュマルの部屋 御意見箱

            このページに関する御意見・御感想はこちらまで!!

            御名前
            

            メールアドレス
            

            メッセージ
            
            

ムーンライン


Mailボタン【nstf@nifty.com】

サイト管理者への直通メールはこちらへ!!